Home > 在宅医師

在宅医師

医師というと病院で患者さんを診察しているというイメージがあります。しかし、医師にも働き方があります。病院で働いている、常勤医師や非常勤医師などの他に在宅医師として働く働き方もあります。

在宅医師の働き方は、主に往診ですが患者の家庭に定期的に往診に通ったりする在宅医や老人福祉施設になどに通う在宅医などもいます。いずれにしろ、往診して診療や投薬を行います。

在宅医師の受け持つ患者は、命に係わるような重篤な患者が多くそいて通院が困難な患者さんが多いようです。在宅医師は、通常の病院で診察をする医師と違い患者と1人1人の患者と向き合う仕事です。患者の家庭に往診に行く訳ですから、その患者の家族とも接して患者の家族のとも病院で勤務していたらそんなに密に接する事がなかったはずです。

患者やその家族と密に接するという事で、ある意味その患者の人生に深く関わる事です。医師としてはやりがいのある仕事です。在宅医師の多くは、その医師としてのやりがいを感じている人が多いようです。